読みやすいブログ記事のメリット。

読みやすいブログ記事のメリット。

ブログを始めるのに、「書き方」は重要な役割です。

書き方がよくないと読了率が低くなり、言い回しのちょっとした変化に対応できないことが多く、最後まで読まれることがなく離脱されてしまいます。

書き方が良いことでのデメリットは、ほぼないに等しく、事実上メリットしかありません。

この記事では読了率が高いとどう良くなるのか、読者の視点から読みやすいブログの書き方のメリットをご紹介します。

※読了率・・・最後まで読み込むこと ※離脱率・・・途中で読み辞めること

読みやすいブログのメリット

読了率が安定する。

読みやすければ、読者の読む速度も上がり、理解が早くなります。たくさん読んでいただければ一時的に言葉の使い方に不便なところがあっても、スラスラと先に進んで読むことができます。焦って文章を詰め込み過ぎるような施策を打ってしまうこともなく、ドンと構えていられます。

読者の記憶にのこる。

読みやすければ理解が進み、ブログ内にたくさんある関連記事にも読者の興味が湧く可能性が広がる状態となります。ブックマークされれば再来訪する可能性が高まります。これは大きな強みです。

読者のもっと知りたいが行動のリズムになる。

読みやすい記事を書いていれば、読了率が下がる心配をする必要がありません。適切な箇所で関連記事を紹介するだけで読者は行動してくれます。

記事の導線追加がかんたんにできる。

読みやすい記事を書いていれば。シンプルで文章が詰まっていません。分割したり、関連ページへの案内をするときでも不必要な装飾をする必要もありません。

収益が発生するリンクも挿入しやすい。

読みやすい記事を書いていれば、高額な広告でもちゃんと利益を回収できる可能性もあがります。だから、より手広く広告が打てるのです。

検索エンジンの変化に強い

読みやすい記事を書いていれば、再来訪する固定ファンがいる為、検索エンジンの仕様変化に揺さぶられることはありません。

記事の管理が楽

読みやすい記事を書いていれば、無駄な文章が少ないということです。来訪される読者に必要なことだけで構成されているので、自ずとシンプルな文章構成になります。そうすると、記事管理の手間やそれに費やす時間も減ります。

読みやすい記事のデメリットはある?

「読者に読みやすく整えるから記事作成数が減った」

もしそういう状態なら、検索エンジンばかりに気を取られていることの悪い面が出ています。例えば、読者の悩みにちゃんと答えていない。読者の意図に見合った結果を提示できていないなど。

検索エンジンを過度に意識した書き方。これでアクセスが一時的に増えても、後に読者の読了率を落としては元も子もありません。読者の再来訪を考えない書き方では意味がありません。

まったく検索対策を行わないことは避けるべきですが、対策する箇所を限定した上で読みやすさが犠牲になってないのであれば問題はないです。

ブログ収益化
ブログを始めて稼ぐ方法【6つの稼ぎ方】
ブログを始めて稼ぐ方法【6つの稼ぎ方】

続きを見る

記事参考情報。

・団体
WordPress.org日本インターネットプロバイダー協会日本データーセンター協会

-ブログの始め方, ブログの書き方
-