苦手だなと思えるお客様ほど、とても丁寧に見送ってみる効果

苦手だなと思えるお客様ほど、とても丁寧に見送ってみる効果

For customers who are not good at this effect.

悩む理由、
先日、お客様に理不尽な言われ方をされてしまいました。よくよく話を伺ってみると、お客様の勘違いによるものでしたが、ご納得されることなく今度は担当したこちらの態度ををご指摘されてしまいました。

話は終っていたのですが共感することができずきちんとお見送りすることができませんでした。気持ちを切り替えれず次のお客様対応にも影響がでてしまいました。

こんなあなたの悩みを解決いたします。

結論、「苦手なお客様ほど」きちんと見送りましょう。きちんと最後まで行うことで心の整理が付き「1つやり終えた」と割り切れる行動をすることで気持ちの入れ替えができるようになります。

クレームを言われて理不尽な対応をされることもあります。感情に任せて表現したくなる時もあるでしょう。

どうしても、納得が行かない対応をされた時ほど、お客様を丁寧に見送ってみましょう。

「区切り」と思ってまずは行動をおこしてみてください。

やり遂げた達成感を上手く利用して「気分を入れ替える」ことでリズムを作ってみましょう。

記事の信頼性

仕事柄(IT管理職)、20年程ECなどWEBサイトを運用しています。自社サイトやブログのWEB担当者に急に抜擢された方にも判りやすく確認できるように引用情報を等を同時に記載してお伝えしますね。

丁寧な見送りと対応で気持ちの切り替えを行なってみましょう。

丁寧な見送りと対応で気持ちの切り替えを行なってみましょう。

言葉でお詫びすることは簡単です。「申し訳ございません」と口に出しても、心の中では「苦手なお客様だな。」と思っていると苦手なお客様には敏感に伝わるものです。

とはいえ、さっきまで散々嫌なことを言われたばかりのお客様を「好きになれ」とは言えないものです。

解決策としては、以外と態度をしっかりとして丁寧に見送ることが型にはめた様ではありますが、気持ちの切り替えには役立つものです。

いつも通常行なっている見送る場所よりも、「より遠く」「丁寧」に送ってみましょう。
お客様とのクレームに費やした時間によりますが、「苦手なお客様ほど」丁寧に、遠くまで見送りするようにすることで「こちらは精一杯対応した。」と気持ちに区切りがつくものです。

「カウンターの側で見送る」ことから始まりクレームの程度によっては大変だったバロメーターにもなります。
「エレベーターまで見送りました。」「駐車場まで見送りました。」となれば、その間に気持ちが晴れてお客様も「丁寧な対応を受けた」と思ってくれるはずです。

後ろ姿に「ありがとうございました」と声をかけ、礼をして見送ることで次のお客様への準備にもなります。

再びご来店頂いた場合には必ず声をかけることを忘れない。

クレーム対応したお客様をお見かけした場合には、
「その説は大変ご迷惑をおかけしました。その後、◯◯の調子はいかがでしょうか。」
「先日はわざわざおいでくださりありがとうございました。その後、問題は起きていませんでしょうか。」などと伝えてみましょう。

まとめ

「苦手なお客様ほど」きちんと見送りましょう。きちんと最後まで行うことで心の整理が付き「1つやり終えた」と割り切れる行動をすることで気持ちの入れ替えができるようになります。

丁寧に見送ることが型にはめた様ではありますが、気持ちの切り替えには役立つものです。

いつも通常行なっている見送る場所よりも、「より遠く」「丁寧」に送ってみましょう。

後ろ姿に「ありがとうございました」と声をかけ、礼をして見送ることで次のお客様への準備にもなります。

-クレーム対応の悩み解決, ホームページ運営悩み解決
-,